不思議なスポーツ(・_・;)

f0071731_22571369.jpg

どうも。超久々のスポーツ評論家、二宮せいじゅんちっちです。

今行われている卓球の全日本選手権大会で、なんと小学生の出場選手が大活躍している。
卓球といえば、愛ちゃん。ちっちゃいときから国民的な人気者。そして今でも日本の第一人者。
でも愛ちゃんだけで終わらなかったのが卓球。

今年の大会ではついに女子だけではなく、小学生の男の子までが2勝するという
快挙!(←しかも石川県の子らしい)
女子ではベスト32まで勝ち上がって第1シードの全日本女王から1セットを取るという快挙!

その前に日本一を決める大会に小学生が出るってだけでも普通はあり得ん。
そりゃ高校生にもなれば体格でも大人に負けないし同等に戦えるのはある意味わかるが
毎日ランドセル担いで学校に通ってる小学生ッスよ!

すげー( ゚ Д ゚!)

まあどんなスポーツでも未経験の大人が子どもに負けるのはわかるが、
全日本選手権なんて一流の選手だけしか出場できない大会で小学生が大人に勝つなんて
他のスポーツじゃ考えられん。

ということは、卓球というスポーツ自体が異色なんだろうか?

体格では明らかに大人>子ども。
体力やスタミナでも明らかに大人>子ども。
テクニックにおいても明らかに大人>子ども。
試合の駆け引きでも明らかに経験豊富な大人>子ども。

じゃあ子どもが大人よりも勝ってるところってあるんだろうか?

報道ステーションを観ながら小一時間考えてみたが、子どもでも大人に勝てるところが
あるとすれば、せいぜいすばしっこさぐらいか。

そうか、卓球においていちばん重要なのは、すばしっこさ(*゚∀゚)=3

これで卓球のすべてがわかった!

よし、明日加賀市の中学校卓球強化大会とやらに出場するムスメにアドバイスしてやろう。
団体戦は山中Cチームからの出場(←Aチームがいちばん強い、次がB)みたいだが。

早速、ムスメの部屋を覗いてみたら・・・すでに爆睡していた(笑)
自分も寝坊しないようにそろそろ寝ようzzz
[PR]
by wing-kawabata | 2012-01-20 23:44 | 店主のつぶやき | Comments(0)