漆器祭と湯の本町歩行者天国終わる

3日の強風でいったん中止になった山中漆器祭。
昨日は天候も回復し(風はまだ少しあったが)無事に開催することができた。
能美市で行われている九谷茶碗祭が全日程中止と決まったこともあり、
そのお客さんが漆器祭に流れてきたのか、駐車場は大変な混雑だったようだ。

おかげさまで、湯の本町商店街にもそこそこのお客さんがあった。
ありがとうございました(感謝)

画像は撤収を終えて日常に戻りつつある総湯周辺の湯の曲輪。

f0071731_12511091.jpg


プチ打ち上げは中華の南京へと。

まずは餃子。

f0071731_12511915.jpg


普通餃子を食べるときはテーブル上にある醤油とラー油と酢をお客さんが自分で好きな量を
小皿に入れるのだが、ここの餃子は専用のタレをつけて食べる。
なので、テーブルには醤油もラー油も酢も置いてない。こだわりの南京タレとでも呼ぼう(笑)

f0071731_12512415.jpg

子どもの頃から慣れ親しんだ味で美味い。


面白いことに南京の餃子は6個入り7個入り2種類がある(・_・;)

f0071731_12513185.jpg

これが例えば6個入りと10個入りの2種類とかならまだわかる。
でもこの1個の差はなんなんやと店の息子に聞いたことがあるが、なかなか面白い回答だった(笑)


餃子の後は特製ラーメンをいただく。これも子どもの時からの好物。
醤油ラーメンに油で炒めた野菜が乗っており、ボリュームもあって美味い。

f0071731_12513882.jpg

ごちそーさまでした^^

南京は山中温泉の隠れ家的な中華料理店。
湯の出町が道路拡張になる前は大通りからは見えない狭い路地の中にあったが
今はゆげ街道から見えるので知らない人でも入りやすくなったと思う。

ただ夜しか営業していないのでご注意を。

[PR]
by wing-kawabata | 2016-05-05 13:23 | 地域のイベント | Comments(0)