はちまきは粋にかっこよく

祭も近づいてきたことだし手拭(はちまき)の粋な巻き方を載せときます。
こいこい祭本番までに練習してみてはいかが?

まずは一般的な「ねじり」
太さや長さはお好みに合わせて調節してください。
f0071731_23491065.jpg

もうひとつは「喧嘩かぶり」
ちょっと見づらくてすいません。
きれいに写ってませんね、元のコピーはお店にありますのでお気軽にどーぞ。
f0071731_23504066.jpg

どちらも粋に見せるポイントは結び方。
やってみると意外に難しいと思いますけど、ぜひマスターしてください。
[PR]
by wing-kawabata | 2007-09-04 23:57 | ファッションあれこれ | Comments(2)
Commented by 〇久保 at 2007-09-05 07:36 x
じゅんちっち様、おはようございます。

いやぁ、いやぁ、だんだん祭りの雰囲気が濃くなってきましたねーぇ。
はちまきの結び方ですか、そうですよねぇー これ一つで「よッ粋だねッ」と思わせるに充分ですからね。
上半身はだかでも、はちまきを粋に巻いていれば祭り姿とわかりますからねー。
ところで女性の方でも、巻き方はマスターですか?
Commented by じゅんちっち♪ at 2007-09-05 18:16 x
「よっ!粋だね」これ最高のホメ文句ですね。
祭は見た目から入るのがいちばんです(笑)
江戸の女性は「くわがた」という締め方が多いみたいですけど
山中ではほとんど見かけません、粋なんですけどね~

>ところで女性の方でも、巻き方はマスターですか?

えーっと、えーっと・・・(激汗)