読書の秋

わたし、こう見えても(←どう見えてるのかは知らんけど^^;)
意外と読書家なんですって。

社会派推理がいちばん好きで、森村誠一の作品はほとんど読んだかも。
森村先生は中学生の頃からのファンなので、もう30年近い!
歴史小説にもいっときはまって司馬遼太郎もわりと読んだかな。
社会人になってからは、経済小説に興味が出てきて高杉良とか。
あ、高校生の頃はSFが面白くて筒井康隆もよく読みました。

最近某週刊誌である本が紹介されているのを見て
「おお、これは絶対読まんなん(*゚∀゚)=3 」
と思い、市内の本屋を全て回ったのにどこにもない(ToT)
アマゾンでやっとありました、それも中古で。(新書は3週間かかる)

↓その本がこれです!ジャジャン



f0071731_18334345.jpg

わたしは今でも○徳義塾・○渕監督は石川県民の「敵」やと思ってます。
○徳が甲子園に出てきたら、必ず相手チームを応援します。

石川県民が怒りに震えたあの試合から早15年。
真実はいかに・・・
この本を読んでわたしの気持ちがどれだけ変わるのか、楽しみや♪
[PR]
by wing-kawabata | 2007-10-06 18:38 | 店主のつぶやき | Comments(2)
Commented by 〇久保 at 2007-10-07 11:37 x
じゅんちっち様、こんにちは。

ほぉーぉ!なかなか興味深い本ですね。
しかし、なぜ今頃になってこのような本が出版されたのでしょうか?
ぜひ、よろしかったら結末をネタでながしてください。

Commented by じゅんちっち♪ at 2007-10-08 09:50 x
面白そうでしょ!?
石川県内の書店に並べておいたらベストセラー間違いなしだと
思うのですが、どこにもありません。なぜだ???
半分くらい読みましたが、なかなか面白いです。