カテゴリ:店主のつぶやき( 532 )

店のblogにはあまり相応しくないネタかもしれませんが失礼を。
お通夜って地域によって様々な風習がありますよね。
山中なんて思いっきり簡素です(笑)

実は先週の土曜仕事関係の知り合いの通夜で福井の勝山まで行ってきました。
6時からと聞いていたので1時間ぐらいはかかるかと思い5時に店を出ました。
ところが、丸岡山中温泉トンネルのおかげで近い近い、
ゆっくり走っても45分で着きました。ちなみに会場の前には越前大仏が。

受付で香典を差し出すと、受け取った方はすぐ後ろの人に手渡します。
で、しばらくそのまま。

(あ、あの、香典のお返しは・・・)

すると、後ろの人はいきなり自分の目の前で香典袋を開封するではありませんか!

(はぁっ!?マジですか~ちゃんとお金入っとるわい!)

中に『1万円』が入っていることを確認してから香典返しをいただきました。

(ちょっと~おじさん、それはお参りに来た人に失礼じゃないの!)

福井の人は人間不信なんでしょうか、
ふと「越中強盗、加賀乞食、越前詐欺」という言葉を思い出しました(旧いな)

会場内で金沢の知り合いを見つけたので隣の席に。
受付での出来事を話すると、やっぱり自分と同じことを思ったそうです。
そりゃそうですよね~香典なんて帳場で開封するのが常識ってもんです。
万一中身が入ってなかったとしても、後で連絡すればいいわけだし。

で、6時になり住職が入場されてお経が上がり始めました。
普通はここでお参りに来た方も親族の方も席に着きますよね、

違うんです。

お経が上がろうが関係なく、皆さんぞろぞろと焼香にやってきます。
喪主はじめ親族の方も立ったままで焼香に来る人と挨拶してます。
お席にお着きくださいという場内のアナウンスも一切ナシ。
結局、お経があがっている約30分の間、親族の方は一度も
席に着くこともなく、ずーっと立ったままでした。
しかも、会場にいる人たちの雑談する声のうるさいこと!
普通お経が上がっている時間は静かに聞くもんだろうが。

福井ってこんなんなのか・・・

お経が終わると住職たちはさっさと帰っていきました。
最後に親族代表の挨拶がありましたが、
声はすれど本人の姿がどこにも見えません。
どうやら事務所の中でしゃべっているみたいで
場内のスピーカーから声が聞こえてくるだけ。

以上で通夜は終わり、しっくりしない気持ちで帰宅することに。

家に着いてから嫁さんに香典返しを渡し、開けてみてビックリ!
中にはデパートの商品券なんと5000円分とお茶のパックが入ってます。

「5000円てこんなに返したら葬式大赤字じゃないの?」

ここでさっきのことに気づきました。

もしかすると、香典を目の前で開封したのは金額に応じて
お返しの内容を変えていたのかもしれませんね(推測ですが)
どう考えても5000円の香典に5000円を返すわけありませんし。
(お茶も入れると香典返しだけで赤字だ)
そう思うと香典を多くいただいた方にはお返しを多くするということで、
なんて福井の人は礼儀正しいんでしょう!

福井のお通夜が全てこんなんだとは思いませんが、けっこう驚きでした。
[PR]
今夜は湯の本町自衛消防隊の新年会で~す!
私がいちおう隊長やってま~す。ほとんど仕事はありませんが(笑)
場所はこちらの旅館にて♪
それがドタキャンメンバー続出で出席はたったの7人になってしまった。
年に一度の新年会なのに寂しいッス(T◇T)
しかし、参加者が減るということは、逆にコンパニオンのおねーさんとの
コミュニケーションの機会が増えるということなので、
おねーさん大好き< ピー >井さん、浜< ピー >さん、< ピー >下さんあたりは
きっと喜んでいるに違いない(伏せ字にしてあるから大丈夫だな)
< ピー >木さんが酔っぱらって暴れないか心配だ・・・
[PR]